探す男 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

探す男

眠気⑳眠気覚ましに怖い話を集めてみました。

その怖い話のために、眠気が覚めるかも。

怖い話が苦手な人はスルーしてください。

今回のタイトルは『探す男』。

これは北海道の網走地方で本当にあった話のようです。

10年以上も前のこと、ある人が夜中、雪の降り積もる峠を車で外勤から自宅に帰ろうとしたところ、ハザードランプを点けて停まっている車がいたそうです。

こんな時間におかしいなと思って、車を見ると、フロントガラスは割れ、エンジン部からは煙が出、よく見ると、ドアのところからおびただしい血痕が点々と落ちていたそうです。

どうも、路面が凍結して単独事故を起こしてしまったようでした。

車のドアから血が点々と落ちていたのはケータイの電波が届かなかったらしく、自力で助けを呼びにいった跡のようで、発見者の人は事故に遭われた方を探すべく、血の跡を辿って行ったそうです。

しかし、大きな事故であったため、血液の量も多く、雪の上が血で真っ赤に染まり、事故から間もないためか、血生臭い上に、雪の上の血液からは湯気が上がっていたそうです。

そうして、血の跡を辿っていくと、そこから少し先の方に人影がノロノロと歩いているのが見えたそうです。

事故を発見された方は、それが事故に遭った方に違いないと思い、「大丈夫ですか~?」と声をかけたそうです。

すると、その影の人はこう言ったそうです。




「ああ、すみません。あなたも一緒に探してくれませんか?」




「私の目玉と耳…」





と答えたそうです。

見ると、その人は首から上がグチャグチャになって無くなっていたそうです。

それを見た人は腰が抜けそうになったのをどうにか猛ダッシュして自分の車まで戻り、元来た峠をUターンしたそうです。

後日、わかったことですが、その日、峠で事故死した人がいて、首から上が無くなり、今でも見つかっていないとのことでした。

そして、この事故で亡くなられた方の霊の目撃談も跡を絶たないとのことで、今も自身の身体の一部を探して彷徨っているとのことです。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/05/29 07:52 ] 眠気覚ましに怖い話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。