増えている 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 増えているホーム > 眠気覚ましに怖い話 > 増えている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

増えている

眠気22眠気覚ましに怖い話を集めてみました。

その怖い話のために、眠気が覚めるかも。

怖い話が苦手な人はスルーしてください。

今回のタイトルは『増えている』。


電話の向こう側でいないはずの人間の声が聞える。

という話しはたくさん聞くが、これもまたそういった話の一つである。

相方の友人の話しだそうだ。

仮にKとしておく。

高校時代、Kが自室で友人と電話していた時の話しだ。

「あれ、誰かいる?」

電話口の向こうで友人が言った。

もちろんKは自室に一人きり、特に騒がしく音楽を流したりしているわけでもなく、

テレビをつけているわけでもない。

「誰もいないよ」

「子供いない?小さい子」

思わず周りを見回す。

当然子供などいるはずもなく、首を傾げる。

「そっちじゃないの?」

聞き返すも、友人はそんな事は無いと言う。

「ほら、やっぱそっちだよ、そっちで子供の声聞える」

そう言われても、近所の子供の声すら聞えないこの状況で、

どうして電話で聞える程近くで子供の声が聞えるのか。

皆目検討がつかない。

「あ、増えたよ、何か話してる子供」

友人の言っている意味がわからない。

わからない分、妙な怖さが湧いてくる。

「子供なんていないよ!」

「でも増えてるよ、泣いてる子もいる!」

友人がその言葉を口にした途端、電話の向こうで友人の悲鳴が上がった。

と同時に切れる電話。

驚いたKはすぐ電話を掛け直したが繋がらず、結局その日はKに電話が繋がらずに夜が更けて行った。

翌日、学校にゲッソリとした顔で現れた友人から聞いた話によると、

電話の向こうで聞えていたはずの子供の声が、突然耳元で聞えたのだという。

同時に電気が消え、たくさんの子供の笑い声が部屋中に響き渡った。

友人の意識がもったのはそこまでだったそうだ。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/05/30 07:38 ] 眠気覚ましに怖い話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。