引きこもり 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 引きこもりホーム > 眠気覚ましに怖い話 > 引きこもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

引きこもり

眠気⑨眠気覚ましに怖い話を集めてみました。

その怖い話のために、眠気が覚めるかも。

怖い話が苦手な人はスルーしてください。

今回のタイトルは『引きこもり』。


妻が事故で死んだ。
私はしばし呆然としていたが、やがて冷静さを取り戻すと、妻を送るためのあれこれの儀礼のために忙しくなる前に、現実と向き合うことにした。

息子が、数年前から自室に引きこもっている。
部屋に鍵をかけて一歩も出ず、顔をあわせることさえない。
妻が食事を部屋の前に置き、空食器を下げるという毎日を繰り返していた。

世間体を気にする妻に強く言われ、誰にも相談できなかった。
わたしが働いている時間帯に息子が暴れることがあるらしく、だから極力刺激しないようにしてきた。
しかし、妻はもういない。
息子も、そのことを理解すべきだ。
わたしだってもう歳だ。
いつまでも息子を守ることはできないのだ。

意を決し、息子の部屋の前にわたしは立った。
鍵がかかっている。
わたしは息子に声をかけた。
返事は無い。
わたしは息子の部屋のドアをこじ開けた。

息子はベッドに横たわっていた。
死後数年はたっているかのように、すでにミイラ化していた。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/06/10 06:29 ] 眠気覚ましに怖い話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。