マイクロスリープ 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > マイクロスリープホーム > 眠気覚ましの仮眠 > マイクロスリープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイクロスリープ

眠気⑭仕事中や授業中にカクッと瞬間的に眠ってしまったことはありませんか?

まさに、あれがマイクロスリープです。

マイクロスリープは微小睡眠とも言われるもので、本人は起きているつもりでも、数秒~10秒間ほど睡眠状態となります。

マイクロスリープはナルコレプシー等の過眠症の症状の1つとしても出現することもありますが、健康な人でも睡眠不足がひどくなると起こることがあると言われています。

睡眠をとらず、起きている時間が長くなると、脳には睡眠物質が溜まってきます。

これは脳を休ませるため、眠らせようとしますが、起きていようという意識が強いと、すぐには眠りません。

しかし、睡眠不足が続くと、休ませなければ脳が壊れてしまう限界に達します。

そこで、脳は優先順位をつけて、重要性の低い部分から機能を低下させていきます。

さらに睡眠不足が続くと、脳全体を短時間だけ休ませる戦略をとります。

これが、マイクロスリープなのです。

眠るためには目を閉じる必要があるとは限らず、睡眠時間が極度に不足していると、人に話しかけられても気が付かないことがあります。

一瞬、意識が飛んだ状態になった時に、マイクロスリープが起こっているのです。

仮眠は夜間の睡眠を補うものとして、最近ではそれを推奨する動きもあります。

マイクロスリープも超短時間の昼寝と考えると、睡眠の質を向上する新しいスキルになりそうです。

どうしても眠気を覚ましたいときには、意識的にマイクロスリープをとってみてはどうでしょうか?

意識してマイクロスリープを活用すれば、トータルの睡眠時間を短縮することもできるかもしれません。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/06/12 07:46 ] 眠気覚ましの仮眠 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。