仮眠の注意点 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 仮眠の注意点ホーム > 眠気覚ましの仮眠 > 仮眠の注意点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仮眠の注意点

眠気2130分以上の仮眠は良くないと言われています。

というのも、30分以上仮眠をとると、かえって眠気が強くなるからだと言われているからです。

30分以上の仮眠をとると、起きた後もしばらくは眠気が続き、仕事や勉強に戻るまでに時間がかかるそうです。

そのため、平日の昼に仮眠をとる時は、30分以上の仮眠は逆効果と言われています。

また、毎日90分の仮眠をとる人は、30分以下の仮眠をとる人と比較して病気になりやすい他、毎日1時間以上の仮眠をとっている人はそうではない人と比較して認知症になる確率が高まるとの研究報告もあります。

そうしたこともあり、仮眠は20分程にとどめておくことがベストです。

仮眠は深く眠ることが目的なのではなく、仮眠をとることで眠気を覚まし、仮眠後すぐに目覚めて活動することが目的となります。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/06/16 06:06 ] 眠気覚ましの仮眠 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。