眠気を覚ますカフェイン 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 眠気を覚ますカフェインホーム > 眠気を覚ます方法 会議中 > 眠気を覚ますカフェイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眠気を覚ますカフェイン

眠気⑭会議中の眠気対策に有効な方法の代表的なものとして、カフェインが配合されているものを摂るという方法があります。

カフェインが配合されているものとしてよく知られているのがコーヒーや緑茶ですが、その他にもココアやチョコレート、コーラ等にもカフェインが含まれています。

じゃあ、カフェインが含まれているものを多量に摂ればいいのかと言うと、それもまた違います。

例えば、5~10杯のコーヒー(カフェイン約500~1000mg)を摂ると、覚醒するというレベルを超えて、不眠や不安、せん妄、痙攣、不整脈等の症状が現れるようになるので注意が必要です。

また、砂糖入りのコーヒーやコーラをたくさん飲む人は、高カロリー飲料を多く飲むことで肥満になり、のどに付いた脂肪によって起きる睡眠時無呼吸症候群がさらに日中の眠気を増悪させるという悪循環に陥ってしまいます。

当然、糖分の過剰摂取により糖尿病の危険性も高まります。

さて、カフェインを摂るタイミングですが、カフェインは摂取後45分程でほぼ全てが吸収され、ばらつきがあるものの摂取後15~120分程で血中濃度が最大となります。

また、ホットコーヒー等を飲んだ場合、血中濃度が最大になるのは摂取後約30~60分ですが、アイスコーヒー等の場合、小腸粘膜の毛細血管が収縮し、胃の運動の低下もあるので、1~2時間後に血中濃度が最大となります。

さらに、血中濃度が最高値の半分になるのが摂取後2時間半~4時間半程で、若い人だと1~2時間、高齢者で4~5時間となっており、高齢の人の方が効果が持続するようです。

とりあえず、年齢等を考慮しないのであれば、45分程でカフェインのほぼ全てが体内に吸収されるので、会議が始まる45分程前にコーヒーや緑茶を飲むのが眠気覚ましにベストなのだと思います。

FC2 Blog Ranking

Check
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。