睡眠に必要なスペース 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 睡眠に必要なスペースホーム > 眠気を残さない睡眠方法 > 睡眠に必要なスペース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

睡眠に必要なスペース

眠気⑩睡眠前にはカフェインを摂ったり、食事をしたり、強い光を浴びるようなことは望ましくないと言われています。

というのも、これらの行動は覚醒させ、寝付きを悪くするからです。

まあ、一方では、これらは日中においては眠気覚ましとなるのですが…。

さて、睡眠をしっかりと取るためにはある程度のスペースが必要となってきます。

というのも、最低限のスペースがないと寝返りがうてなくなるからです。

私達は一晩のうちに10回以上の寝返りをすると言われています。

この寝返りが実は睡眠にとっては重要なもので、睡眠の深さを変えるスイッチとなる他、身体への圧を変えて血行を良くしたり、布団の中の温度を湿度を変えたりする役割があります。

シングルベッド以上のスペースがあれば十分に寝返りをうつことができますが、それより狭いスペースしかないと十分な睡眠を取れず、日中の眠気を招いてしまう可能性があります。

また、十分な寝返りが取れないと、褥瘡になる危険性もあります。

なので、ソファの上などで眠るようなことはせず、なるべくベッドや布団等、寝具の上で睡眠を取るようにするのが望ましいでしょう。

FC2 Blog Ranking

Check
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。