睡眠に良い環境 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 睡眠に良い環境ホーム > 眠気を残さない睡眠方法 > 睡眠に良い環境

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

睡眠に良い環境

眠気⑬私は眠る時に部屋を真っ暗にして眠りますが、眠る際には部屋を真っ暗にして眠る方がオススメと言われています。

というのも、電気を付けたままにして眠ると、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの生成が抑制されるからです。

このメラトニンの分泌が抑制されると、眠りが浅くなり、しっかりと眠った感じが少なくなります。

なので、眠る時は真っ暗にするか、月明かり程度の明るさで眠った方が良いと言われています。

しかしながら、人によっては真っ暗だと怖くて眠れないという方もいるのではないでしょうか。

そういった方は部屋がオレンジ色になる豆球にすると良いでしょう。

無理に真っ暗にするとそれがストレスとなるので、豆球にして光の影響を少なくして、良く眠れるようにしましょう。

朝に日光を浴びると眠気が覚めることからもわかるように、光は私達の眠気覚醒に大きな影響があります。

また、私達が好む明るさが一日を通して変化しており、午前中は強い明るさを好み、夜になるにつれて弱い明るさを求めるようになっています。

会社や学校の明かりが明るく、寝室の明かりが暗めに設定されているのはこのためであり、なるべく、この人間の習性に基づいて、睡眠環境や眠気覚ましの環境にも良い影響となるように心掛けましょう。

FC2 Blog Ranking

Check
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。