退屈が原因の眠気 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 退屈が原因の眠気ホーム > 眠気の原因 > 退屈が原因の眠気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

退屈が原因の眠気

眠気⑤2008年のことですが、退屈な作業が眠気を誘発するかもしれないとする研究結果が報告されています。

以下はその詳細についてです。

【2008年4月23日 AFP】退屈な作業は脳をまひさせる。このような研究結果が、21日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。
 ノルウェー・ベルゲン大学(University of Bergen)のTom Eichele氏らの研究チームは、単調な作業をすると、作業の好き嫌いにかかわらず、脳が「休憩モード」に入ることを発見した。さらに、脳の該当領域を観察することにより、間違いを犯す直前にそれを予期することができたという。
「『少し休憩が必要で、あなたにはどうすることもできない』と告げる、恐らく脳が本来備えている何かがあるのだろう。何もしていないのに、時おり脳が受容力や実行力がない状態に陥る感覚は恐らくだれもが知っているのではないか」とEichele氏は指摘する。
 脳が休憩モードに入ると、血液はより活発に働いている脳の別の部分に流れ込む。これは間違いを犯す約30秒前に始まるため、集中することや慎重になることを促す、事前警告システムの開発が可能かもしれないという。
 実現化されれば、職場の安全性の大幅な改善や、空港のセキュリティーチェックなど重要な作業の成果向上が期待される。
「これらの簡単な判断を下すための、頭の上に設置する装置を作れるかもしれない。信号を計測し、正常な判断を下すことができない脳の状態をとらえたときに、フィードバックを与えるのだ」とEichele氏は語る。
 このような脳の血流パターンをMRI(磁気共鳴画像装置)でとらえることは可能だが、MRIは持ち運びができない。
 そこで携帯型の脳波検査装置を開発しており、10-15年以内には実用化の準備ができるかもしれないという。(c)AFP

単純作業に従事されている方も多いと思いますが、高速道路の風景のように環境が単調だと、また眠気も強くなるので、気を付けたいところでもあります。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/03/21 07:49 ] 眠気の原因 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。