ヒロオールPキング 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > ヒロオールPキングホーム > 眠気覚ましの薬 > ヒロオールPキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒロオールPキング

眠気⑬ヒロオールPキングはオール薬品工業から販売されている眠気覚ましの薬です。

新オールP内服液と同様、アンプルに入った液状のタイプとなっています。

成分は以下の通りです。


ヒロオールPキング〈成分〉1アンプル(30ml〉
カフェイン200mg、L-アスパラギン酸ナトリウム500mg、グルタミン酸ナトリウム100mg、塩酸リジン100mg、イノシトール100mg、パントテン酸カルシウム30mg、グルクロン酸100mg、アミノエチルスルホン酸(タウリン)500mg、塩酸チアミン(ビタミンB1)7mg、リボフラビン(ビタミンB2)2mg、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)2mg、エタノール0.8ml

ヒロオールPキングのカフェインは、市販されているものの中での最大配合量である200mgのカフェインが含まれています。

限界量でもあるので、普段からカフェインを摂取していて耐性の付いている人でも、それなりに覚醒するのではないかと思います。

タウリンも配合されているので、疲れがある時等にも効いてくれることでしょう。

また、アスパラギン酸は窒素代謝、エネルギー代謝に関与し、疲労に対する抵抗力を高める作用があります。

そのため、スポーツ選手がアスパラギン酸を摂取するとスタミナが増すことがわかっており、スタミナ強化にも優れているそうです。

このように、ヒロオールPキングは覚醒効果だけでなく、滋養強壮効果も期待できる眠気覚ましの薬であるかと思います。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/04/22 07:02 ] 眠気覚ましの薬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。