高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス) 覚醒.com

仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?当サイトでは、様々な場面に使える眠気覚ましの方法について紹介しております。眠気覚ましの情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

ホーム > スポンサー広告 > 高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)ホーム > 眠気の原因 > 高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)

眠気⑧高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)とは、高速道路のように景色が単調で、信号やコーナーもないために運転操作も少なく、結果として覚醒水準が低下して眠気が起こる現象です。

この現象はアメリカの広大な高速道路で頻発する自殺同然の事故から、研究、調査が行われ、明らかにされました。

日本でも単調な長い直線が続く名神高速道路や、日本一の直線距離を誇る北海道の国道12号線等では高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)が誘発されやすいと言われています。

高速道路は刺激となるものが少ないので、脳の覚醒水準が低下しやすいのですが、高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)の予防として、現在ではあえて道路にコーナーを設けたり、走行すると音が鳴る道路というものが設計されています。

自分でできる高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)の予防策としては、睡眠不足のまま運転を行わないようにすることや、早めにパーキングエリアやサービスエリアで休息をとること、カフェインの含まれるガムやコーヒーを摂ること等が挙げられます。

また、車の窓を全開にすることで冷気が入り、それによって覚醒したり、窓全開走行の換気による脳内の酸素濃度の上昇によって眠気を無くすことができる他、走行中の風の轟音による眠気覚まし効果も期待できます。

いずれにしても、高速道路や田舎の単調な直線道路等では眠気が誘発されやすいことを意識し、万全なコンディションで運転を行うように心掛ける必要があります。

FC2 Blog Ranking

Check
[ 2013/03/23 10:00 ] 眠気の原因 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

福士 美菜子

Author:福士 美菜子
仕事中や会議中、授業中等、眠ってはいけない時に強い眠気に襲われたことはありませんか?

私の場合、為す術なく、睡魔に負けてしまうことが多々あります。

あまりにも強い眠気が襲ってくるので、自分が病気なのではないかと思ったこともあります。

その眠気に対する方法について私なりに調べ、まとめてみました。

私と同じように強い眠気で悩まされる方、当サイトを参考にしていただけたらと思います。

また、ここで紹介する方法以外に眠気を覚ます良い方法があれば教えていただけたらと思います。

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。